Q.自分の足に合った革靴を探しています。失敗のない選び方を教えてください。

2016.05.19

A.既成の革靴のサイズ選びは、意外と難しいものです。
GENTAの紳士靴売り場には、シューコーディネーターとシューフィッターが常駐しています。
今回は、ぴったりな革靴と出会うまでの流れをご紹介します。

新北館GENTA 北館1F 紳士靴売場
シューコーディネーターの鎌倉が靴の選び方についてアドバイスいたします。

ぴったりな靴を探すなら夕方に

靴を探すなら、1日で一番足がむくむといわれる、夕方に靴売場に行くのがベスト。そして、ドレッシーな革靴を選ぶ場合は、厚手の靴下を履いていると、正確なサイズが分かりにくくなってしまうので、靴下は薄手のものを履きましょう。

自分の足の正確なサイズを知る

甲高や、幅広、外反母趾など、足の形は人それぞれ。自分の足にぴったりな靴を見つけるには、足のサイズを正確に知ることが大切です。ほとんどの方は、ご自分の足のサイズをきちんと計ったことがないのではないでしょうか。
当店では、専門の計測機を使って、足のサイズを計測いたします。

実際に計測してみると
足長 左:25.2cm、右:25.4cm
足囲 25cm

測定結果
足のサイズは25.5cm  ワイズは2E
左右の足のサイズがほぼ同じで、やや幅広ですが、標準的な足の形ですね。

お客様の足に合った靴のブランドを提案

数多くのブランドのなかから、お客様の足の形に合うものをお選びします。

いまお召しのネイビーのスーツに合わせるなら、エドワード・グリーンのバークレーをおすすめします。色はブラックはいかがでしょうか。

実際に靴を試着

まずは、踵とヒールカップのフィット感を確認。隙間がありすぎると歩くたびに踵が浮いてしまいますし、窮屈すぎると痛みの原因になります。

次につま先の余裕をチェックします。靴の上からつま先を指で押さえてみて、1~2ミリほどの余裕があればOK。

そして、甲周りのフィット感を確認。甲周りがゆるいと歩きづらいですし、余分なシワが入ってしまいます。

そのほか、くるぶしがトップラインに当たっていないか、土踏まずがフィットしているかどうかも確認しましょう。

両足を履いて、歩いてみる

売場のフロアを実際に歩いてみて、履き心地を最終確認しましょう。

本格的な革靴は、履いていくうちに少し革が伸び、中底も沈みます。ですから、最初はややキツめのサイズを選ぶのもコツです。

決して安くはない革靴を購入するのですから、足にフィットした靴を選んでいただきたいです。お客様の足に合う革靴ブランドをお探ししますので、気軽にご相談ください。

キーワード