満足のいく自分だけのスーツをつくってみませんか?

2019.08.06

「オーダースーツ」をつくったことはありますか?身近なイメージになってきているとはいえ、「オーダー」というと既製品に比べると特別なものという概念が残っており、ハードルが高く感じてしまう方は多いのではないでしょうか。
しかし、自分の体型に合ったスーツに仕上がったり、裏地やボタンをカスタマイズできたりと、メリットを感じている方も増えてきているんですよ。
ちなみに、オーダースーツには大きく分けて『パターンオーダー』『イージーオーダー』『フルオーダー』の3種類があります。今回は、オーダーの種類やオーダーならではの魅力をお伝えしたいと思います!

◆パターンオーダー

日本のオーダースーツの中で最もポピュラーなのが『パターンオーダー』です。
カウンセリングでお好みを把握し生地選びをし採寸した後、もともと用意されている既製スーツのデザインから自身の体型に一番近いものを選びます。元のデザインが決まっているためカスタマイズできる場所は限られますが、ブランドのデザインやシルエットを守りつつ、袖丈・着丈・パンツ丈などサイズ調整してつくります。既製品に最も近く、気軽にオーダーしてみたいという方にオススメです。
■北館3階 〈トロージャン〉

◆イージーオーダー

パターンオーダーの次にポピュラーなのが『イージーオーダー』です。
カウンセリングでお好みを把握し生地選びをし採寸した後、「ゲージ服」と呼ばれるサンプルを着用しスーツの元となる「型紙」の中から自身の体型に最も近い型を選びます。その型紙をベースにデザインや体型の補正を加えた型紙を作り仕立てていきます。
パターンオーダーとの違いは「型紙」を作るため肩などの補正をする「体型補正」ができるのがポイントです。いかり肩やなで肩などで上着にシワが寄ってしまう方にオススメです。
オプションでスーツの印象を左右する付属やディティールを選び細かなデザイン変更も可能です。フルオーダーほど手間や時間がかからずパターンオーダーよりサイズ調整がきくのが『イージーオーダー』ならではの魅力です。
■北館3階 イージーオーダーサロン

◆フルオーダー

オーダーの中でも最も本格的なのが『フルオーダー』です。カウンセリングでお好みを把握し生地選びをし採寸した後、20箇所以上に及ぶ細かい採寸データーを元に体型に合わせて「型紙」を作成していきます。
一人一人の体型の特徴まで把握し「型紙」に反映させます。自分だけのスーツの原型といえますよね。裁断した生地は職人の手によって縫い上げていき、『フルオーダー』の最大の特徴の仮縫いの状態のものを試着しシルエットやデザイン・着心地を確認します。
オプションでスーツの印象を左右する付属やディティールを選びます。ボタンや裏地選びはオーダースーツの醍醐味とも言えるでしょう。仮縫いにより正確に調整された生地を熟年の職人が分業せず一人の職人が1着1着を縫いあげます。ゼロからつくるスーツです。
■北館3階 紳士オーダーサロン

オーダーからお渡しまで

オーダースーツを着たときの着心地の良さやフィット感はきっと既製品では味わえない、こだわりの一着になるのではないでしょうか。いつもと違う勝負の日にはパシッとオーダースーツで印象をグレードアップさせてみるも良し!
世界に一つの自分好みのオーダースーツをつくってみてはいかがでしょうか?

オーダースーツはお客様のご要望をカウンセリングしながらつくり上げていくため、どうしても時間がかかってしまいます。特にフルオーダーは仮縫いの工程がはいるため1ヶ月半以上お日にちをいただいております。
2019年10月1日(火)に予定されている消費税率の改定に伴い、オーダー服のお引渡しが2019年10月1日(火)以降になる場合は10%の消費税をお預かりいたします。オーダースーツのお買い求めはお早めに!!

 

Information

※掲載の商品は2019年7月現在の情報です。
※品切れの際はご容赦願います。

キーワード

<GENTAメンズファッション コンシェルジュ>

GENTAでのお買物をサポートいたします
■北館3階