〈SANYOCOAT〉100年コート販売開始

2019.09.20

1946年、防空暗幕でレインコートを製作したのをルーツに、コート専業ブランドとして73年の歴史をもつ〈SANYOCOAT〉。
着る人のことを考えた「用の美」を追求することで、世代や流行を越え、老若男女に長く愛されるコートづくりを基本としています。「コート」というアイテムを通じ、日本のモノづくりの技術と情熱を国内外へ、そして次世代へ繋ぐことをミッションに素材から縫製に至るまで国内生産にこだわっています。

「100年コート」は、企業タグライン「TIMELESS WORK.ほんとうにいいものをつくろう。」を体現するために始めたプロジェクトです。
衣服の寿命が縮まる今、かつての着物のように修理やメンテナンスをしながら、世代や流行を越えてコートを永く大切に着て頂くことを目指して、50年続く青森県七戸町のコート専業工場にて職人が丁寧に仕上げました。

三陽格子 SANYO-GOSHI

歌舞伎の衣装に使用されている「翁格子」を元に開発した「三陽格子」柄。歌舞伎は日本の大衆文化のルーツであり、今でも伝統をまもりながらも次代へ進化させていることに私たちは大変共鳴いたしました。翁格子は太い格子を老人、細い格子を大勢の孫に見立て子孫繁栄の意味を持っています。
このめでたい柄が、世代を超えて永く愛されることをテーマとする100年コートのコンセプトに通じると感じ、「三陽格子」柄を開発するに至りました。
期間中、メンズと共にウィメンのコートも取り揃えております。この機会に、ぜひお手に取ってご覧ください。
■2020年1月13日(月・祝)まで展開中
■本体価格123,000円+税

Information

※掲載商品は2019年9月現在のものとなります。
※10月1日(火)以降に販売する商品については、新税率に基づいた消費税を別途頂戴いたします。
※品切れの際はご容赦願います。
《お問い合わせ》
■北館3階 〈三陽山長〉052-264-2385(直通)

キーワード