PICK UP!
旬のイベント情報をチェック!

 

オニマガ・ムラナオのマツザカヤさんぽ

こんにちは!
ウェブマガジン「オニマガ」の、食べる&写る担当・ムラナオです。

普段は「ぼくの名古屋案内」として名古屋のおもしろいところを発信するコーナーの案内役をしています。

このたび、私たちファミリーが松坂屋の中をお散歩しながら新しい発見をする、という企画に誘っていただき、今回は私・ムラナオが自ら、コラムを書かせてもらうことになりました!

家から近いこともあり、よく遊びに行っていた松坂屋ですが、まだまだ知らないことも多かった!この記事をきっかけに、皆さんにも気軽に「マツザカヤさんぽ」に行ってもらえればと思っています。


Vol.1 『マツザカヤ歴史さんぽ』

第1回は、松坂屋の隠れスポット・松坂屋史料室、そしていつも「きれいだなぁ...」と憧れていたデパートガール(顧客案内係)の方にインタビュー、そしてまさかの、こんなところで化石を発見?!してきた様子をお届けします!

さて、まずは南館7階にある松坂屋史料室にレッツゴー!ここは松坂屋美術館の隣にひっそりと構える、静かな空間。入室無料で気軽に入ることができます。

それほど広くなく、子供が目の届かないところに行ってしまう心配もないので、子連れでも安心して観覧できますよ。

江戸時代から400年の歴史を持つ松坂屋に残る貴重な史料を中心に、年に4回展示内容が変わります。その中でも、年に一度だけ行われる「松坂屋コレクション」の展示がすごいらしい!というわけで、今回は特別に、担当の方に直接お話を聞くことができました。

この日に開催されていた展示内容が、ちょうど「〜松坂屋コレクション生誕の地〜松坂屋京都仕入店とその遺産」ということで、松坂屋コレクションってなんだ?という私のような素人にもわかりやすく解説していただきました。

松坂屋コレクションというのは、その名の通り「松坂屋が集めたコレクション」。江戸時代の貴重な着物・能面・屏風などの工芸品がなんと1万点も収集されているんだそうです!松坂屋が元々は呉服店だったという話は有名ですが、オリジナル高級呉服のデザインに江戸時代の着物作りの手法を取り入れようと、昭和初期に集中的に収集され、現在衣裳だけでも800点以上が保存されています。

長年のあいだ、このコレクションは企業秘密として扱われていましたが、世界の染色文化に寄与するため、2008年から一般公開を始めたそう。その後、特に貴重なものは国の重要文化財にも指定されています。

この二点の衣裳。実は、左が江戸時代に作られたもので、右は、それを参考に昭和50年代にオーダーメイドで作られた松坂屋の顧客様のものだそう。

忠実に再現!それにしても美しい。

江戸時代の方は、裾を引きずって歩いていたのがわかります。リアル!

8月30日(金)スタートの秋の企画展「小袖の模様−名所風景」は、観光ブームが始まった江戸時代に流行した、名所風景の描かれた小袖を特集するそうで、松坂屋コレクションの中から前期・後期それぞれ4点ずつ公開されるとのこと。そう、これがまさに、年に一度の、松坂屋コレクションを無料で鑑賞できるチャンス!なんと、本邦初公開の物もあるそうですよ。

ぜひ皆さん、足を運んでみてくださいね!

企画展「小袖の模様−名所風景」


さて、次に訪れたのは、南館地下2階の顧客案内係のカウンター。私、松坂屋の顧客案内係のユニフォームが大好きでして、いつも「可愛いなぁ、私も着てみたいなぁ」と憧れていたのです。

なんでも質問してください!と言われ、あまりに綺麗なのでドキドキしながら「あのー、どうして顧客案内係に...?」という質問をすると、「お客様と接するのが好きだから」とのこと。思わず「ユニフォームが可愛いから、じゃなかったですね、ハハハ」と言ってしまいましたが、すぐに「あ、それもあります...」と、素直な回答が!やっぱり可愛いユニフォームを着て働けるのは、嬉しいですよねぇ。

顧客案内係のお仕事は、主に駐車場サービス、落し物、ベビーカー貸し出しなどの対応。お客様からありがとうと言って頂けたり、顔馴染みのお客様とお話ができるのがとても嬉しい、と笑顔でお話し頂きました。

ユニフォームはだいたい3年ごとに新しいデザインに変わるそうなんですが、このバッジだけはずっと同じ!「このバッジの存在感がいいですよね」と話したところ、「これが好評で、これは売っていないの?という質問もよく受けます」とのこと。やっぱりね〜(私もほしい)!

ユニフォームは季節ごとに、ブラウス、スカート、帽子などが2パターンずつあって、自分の好みで形を選んで着用することができるそうです。今年から新しい秋冬のユニフォームに変わるということで、どんなデザインのものになるか楽しみですね!


さて、最後に「ここにおもしろいものがあるよ」と聞いてやってきたのは、本館2階・3階をつなぐ階段です。階段なんて普段、あまり使わないですよね?だから、知らない人も多いと思いますが...。

なんと、ここには!

アンモナイトの化石が埋まっているのです!

正しくは、階段の踊り場の壁面の大理石に、アンモナイトの化石が埋まっているのが発見されたということらしいのですが、ひとつだけではなく、いくつもあるなんて。

いったいどれくらい昔のものなのかなぁと思いを馳せながら、最近「めいろあそび」にハマっているムスメと、“ぐるぐる”をなぞりながら、今日のお散歩は終了。

松坂屋には、お買い物以外の楽しみ方もいろいろありますね〜。あ〜楽しかった!

というわけで、次回もお楽しみに!



オニマガ

名古屋の散歩案内やシンプルライフ、ミニマリズムの話題が面白いと評判のライフスタイルブログ。


※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

PICK UP!
今を楽しむ、最新イベントをピックアップ!