MATSU BLOG
松坂屋の旬の情報を発信!松坂屋公式応援サポーターdelaのブログも必見♪

 2019.05.18

世界が驚いた織の技術 西陣織博覧会

2019/5/15(水)→20(月)

南館1階 オルガン広場 ※最終日は18時閉場

ライター青木が南館1階オルガン広場より旬な情報をお届けいたします(´◡‘♥)

千五百有余年の歴史と伝統を誇る西陣織。

西陣織美術工芸では、世界に誇る織技術を駆使して精緻に、繊細に四季折々の美しい自然、花鳥風月、先人の遺した偉大な芸術作品を織物で再現しています。


西陣織の匠の技が新たな世界に挑戦

金剛寺にある重要文化財の屏風「日月山水図」を蓄光糸を用いた手法で再現し、暗い場所で光を放つ幻想的な作品に。

光や壮大さは写真では再現が難しいので、是非実物を見ていただきたいと思います。

西陣四曲二双屏風 日月山水図 
製織者:浜岡均・幸子
浜岡京丹後市網野町


織額装 ゴッホ「ひまわり」

西陣織の完成までには20を超えるプロセスがあり、それぞれの工程が専門家によって分業されているそうです。

各工程に高度な技術と豊富な知識が要求されます。

見てください!下写真の裏側から見たこの糸の数を!

緻密な計算の下に1本1本丁寧に織り込んで芸術を作り上げていく、職人の卓越した技術に脱帽です。

●Vincent Van Gogh 織額「ひまわり」 
製織者:松見樹憲 京丹後市丹後町
1,296,000円(税込)


職人の匠の技

明治時代に西洋から取り入れられたジャガード織りを用いているのですが、通常の帯は400~900口織で作られるのに対し、4倍以上の細かさである、1800口織ジャガードを使用しています。

それでここまで細かい表現が可能になるというわけです。

●西陣全通全景丸帯 日本画格天井文 
製織者:澤義昭・まゆみ
京丹後市網野町
842,400円(税込)


西陣織の小物販売

このような素晴らしい織の技術が日本にある事を誇りに思います。

そんな日本の匠の技がミニ額となって、手軽にお楽しみいただけます。

他にも人気の西陣織生地のはぎれや、バッグ等の小物類も充実しております。

●ミニ額 2,700円(税込)

詳細はこちら


※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

MATSUZAKAYA BLOG/松坂屋ブログ
名古屋の美少女ユニットdelaと、ライター青木が松坂屋の気になる情報を発信!

もっと見る