MATSU BLOG
松坂屋の旬の情報を発信いたします!

 2018.11.30

#松坂屋ヒストリア小話 まとめ21〜30


#松坂屋ヒストリア小話 とは?

松坂屋創業407年の中でうまれた、
皆様に「すごいじゃん松坂屋!」「へぇ〜」と思って頂ける
ちょっとした小話を
2018年3月14日から毎週館内デジタルサイネージや、
松坂屋名古屋店twitter,Facebookの公式アカウントにて、
ご紹介しております!

今回HPではそれらをまとめてお送りいたします!
戦後復興、徳川吉宗将軍、キャッチコピー、お子様ランチなど今回も様々なネタがございますよ!


【その二十一】名古屋における戦後初のファッションショーは松坂屋から(2018/8/1配信分)

最新のモードが登場する華やかなファッションショーは、
太平洋戦争開戦による経済統制下では自粛を余儀なくされ、敗戦後もしばらく開かれることはありませんでした。
終戦から6年後の昭和26年(1951年)、
松坂屋名古屋店は創業340年の記念イベントとして名古屋における戦後初のファッションショーを企画し、
同年10月に7階松坂屋ホールにて「衣裳の饗宴 きものと洋服 ファッションパレード」を4日間にわたり繰り広げました。
ショーの内容は、洋服ショー(10月3日・4日)ときものショー(10月5日・6日)の2部構成で、
洋服ショーは東京のアーニーバイル劇場(現東京宝塚劇場)の踊子たち、
きものショーは奥田舞踏研究所、西川里喜代社中が、それぞれモデルをつとめました。
新聞は「華やかなスポットライトをあびて、目もさめるようなカクテルドレスや、最新のモードが登場する。
モンペ、国民服以来まったく閉ざされていた世界。定員800人の同ホールは、若い女性に男性もまじって超満員。
タメ息をつく観客は、平和の楽しさを身をもって味わったに違いない(『東海百年』毎日新聞社1968年)」と
当時の興奮を伝えています。
なお、松坂屋における服飾や水着のファッションショーは、
戦前の昭和8年(1933年)5月のお得意様ご招待会「夏の雑貨サロン」で上野店が初めて実施し、
翌昭和9年(1934年)春からは名古屋店、大阪店両店でも開催するようになりました。
当時もモデルには人気歌手、俳優、芸妓などを起用し、話題を呼んだということです。


【その二十二】戦後復興(2018/8/8配信分)

1945年終戦直後は極端な生活物資の不足と悪性インフレが生活を脅かし、日本の人々は食うための生活に追われました。
松坂屋も戦災にあった名古屋、銀座、静岡の3店舗を抱え苦しい復興の道を歩み始めましたが、
売るべき商品もなく、急には販売再開が望めない情勢下で新たな営業分野を開拓しました。

それは進駐軍向けの土産品売場、ビヤホール、ダンスホールなどでした。
土産品売場は1945年9月に名古屋、上野、銀座の3店舗、同年10月には静岡店にも開設されました。
1949年8月には名古屋店の7階に、進駐軍とその家族に輸出商品をドルで販売する「エキスポートバザー」も開設されましたが、これはGHQの許可のもと、日本製品の輸出不振を救済するために、1都市1店舗に限り設けられたものでした。
進駐軍用のダンスホールは、名古屋店では「トロカデロ(麗都)」という名称で1945年10月に地下1階に開設され、翌年10月には7階にもオープンしています。銀座店も「オアシス オブ ギンザ」という名称で1945年11月に新館地下2階に開設しました。
そして、これらはいずれも松坂屋の新たな収入源となり、厳しい情勢下業績向上に寄与しました。
このように松坂屋は機敏な変化対応によって戦後の変動期を乗り切ってきたのです。


【その二十三】(2018/8/15配信分)

終戦後、1947年から1948年にかけての松坂屋は、各店舗の復旧が進み売上高も急速に回復しつつありました。
この波に乗ってさらに飛躍的な発展を遂げるため、
1948年(昭和23年)5月、松坂屋のイメージを象徴する宣伝標語を、一等賞金1万円で公募しました。
多数の作品の中から一等に選ばれたのが「生活と文化を結ぶ松坂屋」で、
半世紀以上にわたって松坂屋の宣伝広告、ポスター、テレビやラジオのコマーシャルなどで発信され、
多くの方に親しまれる有名なキャッチフレーズとなりました。
とりわけCBCラジオが昭和40年(1965年)にスタートしてから43年間、延べ15,261回放送した
松坂屋提供の長寿番組「カトレヤミュージック」でも、
毎回番組の最後にアナウンサーがこのフレーズを読み上げて終了するという構成が43年間、最終回まで続けられました。
なお、この標語を考案されたのは、当時茨城県にお住まいの郡司様という男性で、
標語の募集を当時の新聞広告で知り応募されました。
今から70年前に松坂屋上野店で開催された賞金贈呈式でご本人に手渡された1万円の賞金袋の中には、
当時の最高紙幣であった百円札が100枚入っていたということです。


【その二十四】松坂屋のイメージキャラクターに人気アイドル起用!(2018/8/15配信分)

昭和46年11月17日、松坂屋名古屋店は1年10カ月もの期間を費やした増築工事を完了し、
久屋大通りに面する東面を優雅な横ストライプの白い壁面のデザインに一新、地下2階、地上10階建ての
大型百貨店として華々しくオープンしました。
この名古屋店の増改築開店のイメージキャラクターに起用されたのが、ピンキーとキラーズでした。

当時「若々しさとハイセンス」をイメージ戦略に掲げた松坂屋は、その一環としてアイドルをイメージキャラクターに初起用し、
際立った個性化をはかるとともに、同業を上回る企業イメージの創造をはかりました。
その第1弾となったのが当時の人気アイドル・ピンキーとキラーズで、
名古屋店の増築関連の印刷物やポスターに登場しフレッシュ感をふりまきました。
その後ピンキーとキラーズは同年のお歳暮カタログの表紙も飾り、企業イメージの向上に大きく貢献しました。
ちょうど昭和46年は高度経済成長が終焉を迎えようとする時代でしたが、
松坂屋名古屋店は増床オープンにあわせて1階中央にイベントスペース「愛の広場」を設け、
CBCラジオのサテライトスタジオを開設するなど新たな集客策を打ち出し、
同時に顧客の囲い込み策として「マツザカヤ友の会」を発足させるなど攻めの経営が奏功し、
当時の地域一番店の地位を磐石なものとしたのです。


【その二十五】松坂屋オリジナル水着モデルには人気スターを起用!(2018/8/22配信分)

松坂屋が水着を取り扱い出したのは、百貨店開業からほどない大正初期のことでしたが、
これを大々的に売り出すようになったのは昭和になってからのことです。
松坂屋では、大正14年(1925年)に社内に開設した「流行研究会」という商品開発部門によって、
当時まだ主流だった呉服の流行商品を毎年創り出していましたが、昭和3年(1928年)これを雑貨にも拡大することを思い立ちました。新しい流行研究会は、水着やネクタイ、洋傘など12品目について、戦略商品、流行商品を開発しようとするもので、
ここから生まれた代表的な商品が、海水着のプライベートブランド「サンラッス」でした。
「太陽の恋人(SUNLASS)」という洒落たネーミングの松坂屋の水着は評判となり、
以後30年以上にわたって人気を保ち続けるロングセラー商品となりました。
昭和26年(1951年)には、サンラッス水着の新作を松坂屋のPR誌『新装』の見開き2頁で訴求しましたが、
当時の人気俳優であった淡島千景、月丘夢路、三国連太郎など豪華メンバーの出演で、華やかさを演出しています。


【その二十六】松坂屋名古屋店は栄町角にあった!?(2018/8/29配信分)

明治43年(1910年)名古屋城の城下町・本町通(現在の丸の内)で呉服業を営んでいた松坂屋の前身「いとう呉服店」は、
名古屋の新時代のメインストリート・広小路の栄町角に、わが国で2番目、名古屋で初の百貨店を開業しました。
百貨店として出店した広小路と大津通りが交差する栄町西南角には、もともと名古屋市役所庁舎がありました。
それが明治40年に全焼したため、百貨店建設を思い立った伊藤家15代祐民(すけたみ)がこの土地を購入し、
名古屋開府300年にあたる明治43年2月1日にいとう呉服店を株式会社に改組し、
同年3月1日、名古屋で初のデパートメントストア「いとう呉服店」を開業したのです。
有名建築家・鈴木貞次設計による3階建てのルネサンス様式の新店舗は、
「白亜の洋館、美しく飾ったショーウインドー、店内には流行の品々を集めた」「行灯より電灯に変わった以上の進歩」などと
新聞各紙に絶賛され、名古屋市民に熱狂的に迎えられました。

このいとう呉服店の百貨店転業による栄町角への移転進出は、近世以来の名古屋における商業の中心地が、
それまでの本町通から広小路に移り変わる象徴的な出来事でもありました。
その後顧客と取扱い商品の増加によってこの新店舗も手狭となり、
1925年(大正14年)に栄町から300m南の大津町へ移転をし松坂屋名古屋店として現在に至っています。

【ご案内】終了いたしました。
松坂屋名古屋店南館7階松坂屋史料室では、第34回企画展「明治150年 文明開化の名古屋と松坂屋」を10/15(月)まで開催いたしました。
文明開化の名古屋で、近代都市を象徴する百貨店として松坂屋が果たした役割についてご紹介しています。
明治43年栄町角に開業したデパートメントストアいとう呉服店の建物模型も展示中です。
ぜひお越しくださいませ(入場無料)。


【その二十七】松坂屋に8代将軍徳川吉宗から拝領した木彫りのえびす像が!(2018/9/5配信分)

松坂屋の前身のいとう呉服店は、
明治8年(1875年)大阪高麗橋筋にあった名門呉服店「恵比寿屋」を買収し、
「えびす屋いとう」と名を変えて商都大阪に進出しました。
買収された恵比寿屋は、創業者が8代将軍徳川吉宗から拝領した木彫りのえびす像にちなんで、
屋号を恵比寿屋にしたといわれる老舗でした。
この恵比寿屋を、いとう呉服店が買収した際にこの神像二体を譲り受け、えびす屋いとうに継承されました。

その後店舗の移転などあり、店名も松坂屋大阪店となりましたが、この二体の福の神は店長室の神棚に大事に保存され、
大阪店が2004年に閉店を迎えるまで、守り本尊としてその繁栄を見守り続けてくれたのです。

【終了いたしております。】
松坂屋史料室では、企画展「明治150年 文明開化の名古屋と松坂屋」を開催いたしました。(10月15日まで)。
文明開化の名古屋で、近代都市を象徴する百貨店として松坂屋が果たした役割についてご紹介しています。会場では、ご紹介した8代将軍吉宗から賜ったと伝わるえびす・大黒天像の実物を2010年の展示以来8年ぶりに一般公開しております(入場無料)。


【その二十八】松坂屋!ゴジラに破壊される。。。(2018/9/12配信分)

大正13年(1924年)銀座初のデパートとして登場した松坂屋銀座店は、
松屋、三越の銀座進出後も売上高トップを維持し、
特に昭和27年の増改築オープンにより銀座地区一番店の地位を磐石なものにしていました。

そんな中、昭和29年公開された東宝映画「ゴジラ」では、
東京湾から上陸後、銀座に出現した怪獣ゴジラが銀座のビル群をなぎ倒し、怪光線で街を焼き尽くしていくシーンで、
当時銀座のランドマークであった松坂屋銀座店も見事に破壊されてしまいます。
松坂屋にとっては縁起でもない話ですが、
逆に考えればそれだけ当時の松坂屋が銀座の象徴としてのイメージが強かったことの証ではないかともいわれています。

※松坂屋銀座店跡地には、2017年4月複合商業施設「GINZA SIX」がオープンし、新たな銀座のランドマークとして当時と同じ場所にございます。


【その二十九】明治39年”通信販売”も視野に入れたPR誌が発刊!(2018/9/19配信分)

日露戦争直後の明治39年(1906年)、
松坂屋の前身であるいとう呉服店は呉服の新柄・流行柄の紹介を目的としてPR誌『衣道楽(きものどうらく)』を創刊しました。
A5判より少し大きめサイズで約100頁、定価は15銭でした。刊行の目的の一つは通信販売を促進することにありました。
この年、郵便振替送金口座制度が新設されたため、読者は同誌に添付の指定振込用紙を使って、
最寄りの郵便局で手数料なしで代金の支払いができるようになったのです。
このPR誌の発刊は、単に販売促進の枠を超え、西欧文化の窓口として、
あるいは日本人の芸術家たちの発表の場としての文化的機能も持ち、小説やエッセーなど幅広い話題を提供しました。
その後明治43年(1910年)いとう呉服店が百貨店を開業した記念すべき年に、
このPR誌は『モーラ』と改題され月刊誌となりました。デパートメントストアは百貨を「網羅」する意から、
当時の伊藤祐民社長が名付けたもので、洒落たタイトルと評判になりました。
内容も、小説、脚本、随筆、詩歌、名士の流行観など多彩で、体裁も冊子型、タブロイド判などを使い分けました。
そして、この『モーラ』は、昭和10年(1935年)発刊の戦前の百貨店を代表するPR誌『新装』へと発展していきました。

【ご案内】終了いたしました。
松坂屋史料室では、企画展「明治150年 文明開化の名古屋と松坂屋」を開催いたしました(10月15日まで)。
文明開化の名古屋で、近代都市を象徴する百貨店として松坂屋が果たした役割についてご紹介しています。会場では、松坂屋初のPR誌『衣道楽』『モーラ』も展示しています。(入場無料)。


【その三十】もはや定番!「お子様ランチ」は松坂屋から!(2018/9/26配信分)

オムレツとハンバーグ、富士山をかたどったご飯の上には日の丸の旗。
今も百貨店食堂の定番メニューとして人気の「お子様ランチ」のメニュー名を命名したのは昭和6年の松坂屋上野店でした。
実はこの子供向け定食は昭和5年に日本橋三越で考案され「お子様洋食」という名前で販売されていましたが、
翌年3月に松坂屋上野店の大食堂でも「お子様ランチ」という名前で価格30銭で発売を開始しました。
それまでの食堂の料理は1種類づつ容器に盛る形式が一般的でしたが、
一皿で何種類もの洋食が楽しめるアメリカンスタイルのお子様ランチは評判を呼び、
その後全国の百貨店に広がっていったということです。
なお、松坂屋上野店のお子様ランチは発売1年後に一部食材を改良して魅力アップをはかっていますが、
リニューアル後のレシピは次のとおりです。
1.ご飯はケチャップライスと白飯でかたどった富士山ライスの上に日の丸の旗を立てる
(英国皇太子来日の際の歓迎の旗をヒントにしました)
2.ハンバーグ
3.オムレツ
4.スパゲティ
5.サラダ
6.うさぎ型のりんご
7.おまけ(おもちゃ)付き(グリコのおまけをヒントにしました)
以上です。

そしてこのお子様ランチは発売から80年以上たった現在も、
中身を現代風にアレンジして松坂屋各店のファミリーレストランで販売されています(松坂屋豊田店除く)。


最新の投稿はtwitter上、または館内サイネージにて配信いたしております!お楽しみに!

twitter「#松坂屋ヒストリア小話」


過去のまとめ

【#松坂屋ヒストリア小話 まとめ1〜10】
名古屋城、創業家、文化財、東京フィルハーモニーなどなど
松坂屋をより詳しく知る小話を是非ご覧くださいませ!

#松坂屋ヒストリア小話 まとめ1〜10

【#松坂屋ヒストリア小話 まとめ11〜20】
天皇陛下の玉座から西郷隆盛、土方歳三、夏目漱石、浅草寺大提灯までと
松坂屋のことがより一層気になるエピソードが盛りだくさんです!

#松坂屋ヒストリア小話 まとめ11〜20


※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※本サイトの2019年9月30日以前の記事における表示価格は8%の消費税率に基づく税込価格です。2019年10月1日以降の当該商品またはサービスの提供につきましては、本体価格に加えて改定後の税率に基づく消費税を頂戴いたします。

※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※本サイトの2019年9月30日以前の記事における表示価格は8%の消費税率に基づく税込価格です。2019年10月1日以降の当該商品またはサービスの提供につきましては、本体価格に加えて改定後の税率に基づく消費税を頂戴いたします。

MATSUZAKAYA BLOG/松坂屋ブログ
松坂屋の旬の情報を発信いたします!

もっと見る