『時計Begin』編集長 中里 靖 × ファッションエディター 荻山尚【後編】

2016.12.12

『時計Begin』編集長 中里 靖 × ファッションエディター 荻山尚【後編】

スイス時計業界人も一目置く「メイド・イン・ジャパン」

荻山 インバウンドと呼ばれる訪日外国人旅行者たちのお目当ては、買い物から体験型の観光へとシフトしつつある、と報道されていますが、実は日本製の時計目当ての旅行者も多いとか。

中里 メイド・イン・ジャパンの信頼は、スイスの時計業界人も一目置いている。彼らはオリジンとしての自負があるから表立っては認めようとはしないけど、プライベートで愛用している人は結構多い。なかでも「グランドセイコー」の評価が高い。ここもマニュファクチュールだね。岩手県盛岡に自社工場がある。

荻山 セイコーとどう違うんですか? トヨタとレクサスの違いみたいな感じ?

中里 そうだね。普通のセイコーブランドの商品の精度も良いけど、グランドセイコーはさらに上の基準を満たすよう設定されている。まず、1960年に世界基準の高精度を目指して設立された。’64年からはスイスのヌーシャテル天文台の精度コンクールなどにも挑んできた。1970年代の半ばに一度ブランドは休止したんだけど、’88年に世界最高の実用時計を目指してクォーツで、’98年には往年の機械式モデルとして復活を遂げる。

荻山 どの辺が世界最高の実用時計なんですか?

中里 視認性、高精度、普遍性かな。視認性は時刻の見やすさ。高精度は時間を正確に告げる。普遍性は飽きのこないデザインや素材。

荻山 具体的にはどのあたりを見るとわかりますか?

中里 形状が結構複雑に作られていて、これはプレスと切削によるものなんだけど、すごく手がかかっている。ピカピカとした鏡面仕上げは、研磨剤を付けた回転する金属の円盤に押し当てる〝ザラツ研磨”によるもの。この工程が施されているのはスイスメイドの時計でも、ごく一部の高級時計だけ。

荻山 メカニズムも凄いんですか?

中里 ハイビートといって毎秒10振動するムーブメントは、振動などの外乱の影響がとにかく少ない。このムーブメントを筆頭に、「グランドセイコー」の専用ムーブメントの精度には目を見張るものがある。これだけ精度の高いものはスイス製時計でもそうはないよ。あったとしてもすごく高額になる。つまり、「グランドセイコー」は凄くコストパフォーマンスがいい。作りはめちゃくちゃいいのに、価格は良心的。それをスイスの時計業界人は知っているから、自腹を切って買う人が多いの。

荻山 日本が世界に誇るプロダクトが時計にもあったんですね。今日はありがとうございました。

 



●〈
グランドセイコー〉
メカニカルハイビート36000 GMTモデル
Ref.:SBGJ021
ムーブメント:自動巻き(手巻き付き)
ケース素材:ステンレススティール
ケース径:40mm
防水:日常生活用強化防水
パワーリザーブ:約55時間

税込756,000円

■北館5階 時計サロン セイコーコーナー

 

 


 

商品の仕様及び価格は予告なしに変更される場合がございます。
あらかじめご了承ください。

中里 靖
1969年生まれ。47歳。約10年間のフリーエディター&ライター時代を経て、2003年に世界文化社へ入社。男性誌『MEN’S EX』編集長、女性誌『MISS』編集長代理を歴任した後、2012年より『時計Begin』『メルセデス・ベンツ マガジン』両誌の編集長を務める。

時計Begin

時計Begin
時計情報No.1!本格機械式時計を中心に、ビギナーからマニアまで楽しめるこだわりの特集や、バーゼルフェアなどの最新情報を提供する時計情報誌。全国の時計ショップ情報も徹底網羅し、上質かつ最速の傑作腕時計情報を集約しています。3・6・9・12月 各10日発売予定

<HP>http://www.e-begin.jp/book/

<facebook>https://www.facebook.com/TokeiBegin/

 

 


キーワード

この記事のライター

荻山 尚 / ファッションエディター

1972年生まれ。青山学院大学卒業後、商社に入社した後に編集者に。
レオン副編集長、センス編集長などを務めた後に独立。現在はファッションエディターとして雑誌やWEB、広告などに執筆する。
雑誌GGのファッションディレクターも務める。