《フランス物語》 JMウエストン特集

11/15(wed)→28(tue)

2017.11.07

ジェイエムウエストンは、19世紀の終わり、革なめしと革加工の歴史深いフランス、リモージュ地方に始まります。1891年、エドゥアール・ブランシャールは男性・女性用靴の工場をここに設立しました。名前は英国のような響きをもっていますが、ジェイエムウエストンが描き出すのはフレンチ・エレガンスです。クラシックスタイルに新たなエスプリと魅力を吹き込むこと。これこそが、アイコンシューズであるローファーが映し出すメゾンの手法であり、アーティスティックディレクターであるミッシェル・ペリーの創造にも欠かせないものなのです。

今回は人気モデルの「ローファー180」「ダービー641 通称“GOLF”」の新色も交え取り揃えました。

ジェイエムウエストンの歴史に欠かすことができないローファーは、世代を超えてに受け入れられる文化的モデルと言えます。「ドラッグストアギャング」世代の象徴であるローファーは、フランスの財産としてその歴史に深く刻まれています。

■<ジェイエムウエストン>紳士靴 税込113,400円

お問い合わせ

■北館1階 紳士靴売場 052-264-2617(直通)

キーワード