PICK UP!
旬のイベント情報をチェック!

 

ファインアートコレクション

2017/7/13(木)→18(火)

南館8階

南館8階 マツザカヤホール 各日10時〜19時
ただし、最終日7月18日(火)は16時閉場
15日(土)ファインアートナイト 16時〜

このたび松坂屋名古屋店では、近・現代の巨匠から新進気鋭の作家まで、絵画、工芸の多彩な作品を一堂に集め、「ファインアートコレクション」を開催いたします。
全国最大規模を誇る豊富な品揃えは、必ずやご満足をいただけるものと存じます。
皆様のご来場を心よりお待ち申しあげます。


近代洋画巨匠

「ジャン・ジョレス通り」 20F 1954年 荻須美代子鑑定

荻須高徳(1901~1986)
愛知県稲沢市生まれ。1986年文化勲章受章。パリをこよなく愛し、なにげない街角を光と影で重厚に表現した荻須高徳。
荻須はパリジャンよりもパリらしい街並みを熟知していたとパリ市長に言われたことがある。パリの街角には古い佇まいの隙間に小さな店が並びパリの風物詩のような生活感が溢れている。雑誌屋と美容院と小さな店がパリの色調を醸し出している。正に荻須が愛し続けたパリである。


林 武 特集

「熱海風景」 25F 1957年 画業50年記念「林武展」出品 東京美術倶楽部鑑定証書 税込 27,000,000円

林 武(1896~1975)
西洋で沸き起こる様々な芸術ムーヴメントを試行錯誤の上、自分の作風へと昇華させていく画業は美の求道者と形容するにふさわしい。人物、風景、花などモチーフを問わず林武の独創性は極立ち、現在も多くの美術愛好家を魅了し続けている。


日本画

「めで多き赤富士」 4号 税込 23,760,000円

片岡球子(1905~2008)
大胆な構図と色彩で絶大な支持を集める片岡球子。富士山を描くために神奈川県に移り住み、写生を繰り返す制作姿勢はまさに富士山との格闘と言えます。本作品は版画の原画にもなった作品。雄大かつエネルギッシュな赤富士と松、梅、椿の組み合わせは「めで多さ」を象徴しています。


棟方志功 特集

「胸乳の柵」 板画・共シール・額装  22.8×17.5cm 1973年 棟方鑑定会登録 税込 12,960,000円

棟方志功(1903〜1975)
生命の美しさをダイナミックな造形と深い精神性で表現した世界的版画家。個性溢れるその作品は奔放なエネルギーに満ちている。1970年青森県人として初の文化勲章受章。


工芸

「彩磁椿香炉」 共箱  径13.6×高さ9.0cm

板谷波山(1872~1963)
近代陶芸黎明期より活躍し、陶芸家として初めて文化勲章を受章した板谷波山。本作は明治末~大正初期頃に作られた波山芸術の中でも特に評価が高く希少性も高い「彩磁」作品。またモチーフとなっている椿を正面から描いた構図は、明治39年の波山窯第1回目の焼成で成功し、第44回日本美術協会展に出品され昭憲皇太后に献上された「彩磁椿花文花瓶」にも見られ、波山自身にとっても大変思い入れの深い作品である。また釉調は明治末ごろより研究が始まった「葆光彩磁」に極めて近く、薄絹を纏ったような淡い色調や形の美しさなど、まさに名品である。


アール・ヌーヴォー

「紫陽花文花器」 型吹き、ヴィトリフィカシオン、エッチング、カボション、エナメル金彩 径15.2×高さ41.8cm 1900年頃  税込 13,500,000円

ドーム
全体を淡い色調でまとめた中に、緑、赤、黄色のカボションをちりばめ、視覚的な効果を高めている。空に向かって大きく伸びた紫陽花の青と、足元に配した黄色と金彩の対比が美しい。


浮世絵版画

「冨嶽三十六景 尾州不二見原」 24.8×36.9cm 1830〜32年頃 税込 21,600,000円

葛飾北斎(1760~1849)
職人が作る大きな桶の枠の中に、小さく富士山の姿を覗かせている。箍の青竹も地面に円を描いており、幾何学的な構図と極端な遠近法によって対象をとらえた北斎ならではの作品。


近代日本画巨匠展


※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

※掲載商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
※価格は掲載時の消費税を含む総額表示となっております。(一部本体価格表記のものもございます。)消費税変更の際は掲載商品の価格も変更になりますのでご了承ください。

PICK UP!
今を楽しむ、最新イベントをピックアップ!